元風俗嬢が教えるフェラチオのやり方

快感のフェラチオテクニック



女性の唇

 

初めは、いきなりくわえないで、焦らしを行います。太ももの付け根辺りから、横舐めしたり縦舐めしたりして焦らします。玉や会陰部(玉と肛門の間)を舐めるのも効果的です。この「焦らし」を丁寧に行って下さい。

 

少ししたら、そっと浅く加えて静かに舌を360度回すように動かして舐めます。注意してほしいのはいきなり、くわえて上下に早く動いたりはしないで下さい。浅くくわえたら、次は深く全体をくわえます。くわえるというより、口に含む、という感じで口の中の温かさを男性に感じてもらいましょう。

 

 

焦って動かずに、5秒くらいは静止して下さい。色々な動きがありますが、初めはソフトにやります。男性のペニスはデリケートだからです。舌全体で下から舐めあげるようにベローっと舐めます。ポイントはこの時、男性の顔を見ながらやることです。舐めている自分の顔を男性に見せるのです。体位は、男性に仁王立ちしてもらうのも良いです。下ばかり向いて舐めたりくわえたりしないで下さい。是非、フェラしている自分の顔が男性に見えるように、見せつけるようにやって下さい。 男性は視覚的に性的に興奮するからです。

 

くわえながら、舌も休みなく常に動かす感じでやります。フェラチオのイメージは、膣への出し入れのように口で再現します。入口が狭い締まった膣をイメージしましょう。時には亀頭だけを攻めたり、亀頭の先端部分をレロレロ舌先で舐めたり、おちんちん全体を早く遅く舐めたりと、変化も付けます。おちんちんの先端を攻めているときは、さおは手で握っていると良いです。フェラで大事なのは唾液をたくさん出すことです。

 

 

男性の愛液でも唾液でも、どちらでもいいですが、亀頭から糸を引くような舐め方をし、男性にも見せつけるようにやると興奮します。とにかく恥ずかしがらずにやることがポイントです。最終的にフェラでいかせるなら、バキュームフェラを使います。口全体で根元まで含み口全体で吸います。口が上がっていくときは手も一緒に使いながら(手はサオを握る)口はバキューム状態でピストン運動しながら、先端に来たら、締まった膣の入り口をイメージして口で再現します。この一連の運動を続けると男性は射精を我慢できなくなります。

>>>雑誌ananでも紹介された女性向けのハウツーDVD。

 

関連記事