女性の騎乗位のやり方

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

騎乗位のやり方とテクニック




裸の女性騎乗位にも大きく分けて3種類位考えられます。まず、@男性と直角になる体位 A手を男性の足を持ち反る体位B男性に覆いかぶさる位置。 

 

上級でバックでの騎乗位もあります。簡単だと思われるのは、男性に覆いかぶさる体勢でしょう。これなら、抜けることもありませんし、男性に上からキスをしたり、乳首を舐めたり、言葉をかけたり、と女性がリードしている雰囲気が出せます。それに女性も上下のピストン運動がしやすいです。自分のペースで上下し、たまに焦らして抜いたり、そしてまたすぐにツルっと入れたり、と色々出来ます。360度の円を描く腰使いは必須です。

 

 

男性はこれをやられると非常に気持ちが良いので、試してみて下さい。この体位の良いところは女性のクリトリスが男性にこすりつくので女性もとてもイキやすくなります。それと人間は抱き合っている方が相手のぬくもりを感じて下半身の方も感じてきます。下半身だけが結びついている体位というのは意外と感じにくいと思われます。(十代の若い男性は除外して、年齢を重ねてくれば落ち着いたセックスになっていくらかです。)

 

@の直角になる体位は意外に女性は動きにくいのですが、アダルトビデオなんかでは騎乗位と言えばこれ、と思われています。@とBは交互にやるような感じでも良いかと思います。とにかく直角になっていると女性はつかまるところが無いので動きにくいので、反りながら手を男性の足に持っていき、バランスを取りながらピストン運動をします。この体位の時に、男性の睾丸を手で愛撫するのもちょっとしたテクニックです。

 

上級テクニックでバック騎乗位もあります、男性にお尻を向けて挿入してピストン運動します。この時も(可能ならば)睾丸やアナルの一緒に刺激をすると気持ちが良いです。でも、この体位は膣内の向きと、おちんちんが反ってる向きが微妙にずれているので場合によっては双方が痛いと感じるかもしれません。これは慣れた二人がやった方が良いでしょう。いろいろ紹介しましたが、自分にできそうなものからトライしましょう。

 


関連記事