スローセックスのやり方

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

彼に教えたいスローセックス




アダム徳永さんの著書「スローセックス入門」で一時期ブームになったスローセックス。簡単に言えば、従来の挿入重視のSEXではなく、挿入に至るまでの愛撫を重視したSEXです。スローセックスでは愛撫が中心で、挿入はあくまでおまけ。女性がして欲しいのは挿入ではなく、挿入までの優しい愛撫ですね。「愛され感」がするからです。

 

それでは、男性にスローセックスのやり方をそれとなく教えてあげましょう。まず、男性はアダルトビデオの影響のせいか、ピストン運動が激しすぎます。激しいSEXの方が女性は感じると勘違いしているようです。まず、この誤解を優しく解いてあげましょう。
触るか触らないかの感じの方が実は感じるのよ、と教えます。また、膣への愛撫は最後の最後、例えば本当にもう全てやりつくした、という時でいいのだ、あるいは無くてもいいかもしれないetc・・・このあたりはあなたのニーズを彼に伝えてあげましょう。

 

 

女性は膣のピストン運動だけではイカないということを男性に知ってもらいましょう。アダム徳永氏の提唱するスローセックスはそれなりの手順やポイントがあるのですが、とりあえず「愛撫を中心にする」というコンセプトだけを伝えればOK。また、お互いに愛撫し合うなかで、気持ちいいポイント、あまり気持ちよくないポイントを伝え合います。そうすることで、より濃厚な愛撫が実現します。今夜からトライしてみてはどうでしょう?


関連記事