部屋でのセックスを盛り上げる

お部屋SEXを充実させる方法



書き物をする女性

 

部屋でのSEXの場合、証明は薄暗いくらいが良いですね。女性は見られることが恥ずかしいので、あまりに明るい部屋ではその気にもなりません。思いっきり感じることができない環境です。
男性の方は、女性が集中できる程度の暗さに調整しましょう。

 

もちろん、男性は目で見て興奮するので、少し明るくしてほしいと頼まれるでしょう。しかし、見えずらいことも焦らしになるので、女性はあまり堂々と自分の身体を見せない方がいいでしょう。
恥ずかしがることで、男性が性的に興奮することもあります。

 

 

また、お部屋の環境整備も大切です。ベッド、あるいは布団は綺麗な状態に保ちましょう。もちろん、清潔にしてるに越したことはありませんが「今日、セックスがありそうだ」という日にはシーツや布団カバーなどはチェックします。枕カバーは顔をうずめたり、何かと顔の肌に触れるところなので取り替えておきましょう。
万が一、枕が汗臭かったら興ざめしてしまいますね。ムードをぶち壊さないためにもチェックは必須です。

 

 

また、ひと工夫として、部屋に椅子があれば、セックスの時に使えます。例えばベッドでのプレイのほかに椅子を使って、男性が椅子に座り女性が上に乗ってセックスする、という体位も可能です。あるいは女性でも男性でも、どちらかが椅子に座り、フェラやクンニをするのも違った興奮があります。その他、女性が椅子で四つん這いになるようにお尻を突き出してのクンニも男性は大喜びですね。このようにイスは何かと使えます。

>>>雑誌ananでも紹介された女性向けのハウツーDVD。

 

関連記事