不感症の対処法

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

不感症の原因と改善する方法




フードをかぶった女性不感症のほとんどは経験不足や緊張のし過ぎ、あるいは男性のテクニックや愛撫の方法にも原因があります。まれに、体質的に感じづらいこともありますが、永遠に感じないわけではないので心配しないで下さい。

 

特に相手の男性が経験不足であれば、女性の扱いに慣れていないので絶頂に導くのは難しいでしょう。セックスは女性だけでなく男性あってのことなので、本来であれば、二人で研究し合えるのが好ましいことです。

 

こういう例もあります。本当に好きな彼とは、セックスの時に可愛く思われたいとか、淫らに思われたくないとか、いろいろな思考がめぐり、頭も体も緊張してしまって結局イケない。Hな女と思われたくないが故の悲劇。

 

 

一方で、好きでも嫌いでもない、ある意味どう思われてもいい男性とセックスをすると、頭も体もリラックスしてイケることが多い・・・という不思議なことが起きます。不感症には緊張が関係しているのです。

 

つまり、リラックスすることが想像以上に大切なのです。この場合、一度でも乱れまくれば案外吹っ切れるものです。もし、心当たりがある方は、恥ずかしがらずに淫乱になって下さい。エッチな女性を嫌う男性はあまりいません。むしろ、快感に腰をのけぞる女性を見て、男性のSEX満足度はより高まる傾向にあります。

 

 

また、男性のテクニックに問題がある場合は、お付き合いしている男性に素直に「イケないの」と打ち明けましょう。もちろん「私の体質もあるけど・・・」と前置きして、相手を傷つけないよう配慮しましょう。お互いに「ここがいい」「そこはあまり感じない」とコミュニケーションを取りながら、ゆっくり改善していくのがベストです。

 

SEXは練習を積み重ねることで、自分の感じるポイントやイケるコツがわかってくるので、時間をかけることにも大きな価値があります。じっくりと腰をすえて不感症と向き合えば、いずれは転機が訪れるでしょう。


関連記事