セックスでイクことを目標にしない

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

SEXでイクことにとらわれない




夏祭りのカップルセックスはイクことが最終目標ではありません。SEXの目的は、肌のふれあいを楽しみ、愛し合うことを喜ぶことです。特に、イケない女性はイクことにとらわれるあまり、「今夜こそはイキたい」→「やっぱりイケない」→「今夜もダメかも」→「やっぱりダメだ、もう嫌だ」という負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

だからこそ、イケない女性こそ、セックスでイクことはおまけみたいなものと考えるようにしましょう。 イクことばかりにとらわれすぎると、余計に緊張してイケなくなってしまうからです。

 

 

好きな男性と抱き合ったり、キスしたり、愛撫しあったりすること自体がとても幸せなことなのです。そう考えると、時間や回数を重ねるごとにお互いの気持ちが良いところが自然に分かってきます。焦る必要はないのです。セックスでイクには回数を重ねなくてはなりません。よほど、テクニックのある男性でない限り、いきなりは無理です。コツをつかむまでは、二人でじっくりと愛し合う必要があります。お互いを知るということです。

 

その過程で、自分でオナニーをしてコツをつかむこともできます。ただし、オナニーも、イクことにとらわれすぎずに単純に楽しむことを目的にしましょう。あくまでも楽しむという「遊び心」こそが大切なのです。

 

結論から言えば、いこうとしてイケるものではないです。SEXしているうちに自然にイケるようになるのが本当なのです。イクことを目的にすれば、どうしても不自然に緊張してしまうので、結果を伴わないのです。この際、イクことはとりあえず横に置いておいて、彼と愛し合うこと楽しみましょう。自然体が一番なのです。


関連記事