セックスの痛みを改善する方法

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

SEXの性交痛の原因と解決策




ランジェリー姿の女性性交痛で最も多い原因は、女性が濡れていないのに男性が挿入しているということです。女性が濡れていなければ、摩擦が大きくなるのでとても痛く感じます。この場合の解決法は、女性を十分に愛撫して濡らすことなので、男性に「もっと前戯をして欲しい」と勇気をだしてお願いすることです。伝えるのが一番です。

 

濡れずらい女性の場合は、SEXでローションを用いるようにしましょう。ローションを用いることにより、ピストン運動の摩擦がなくなり、性交痛が軽減されます。これも彼と話し合うべきでしょう。

 

 

もうひとつ考えられる原因として、男性器の大きさと女性器の大きさがマッチしていないということです。小さな入れ物に無理やり大きい物を入れているので、女性の側はとても痛く、圧迫感を感じてしまいます。この場合の解決策としては、男性器を全部挿入するのは諦めて、3分の2、もしくは、半分にして女性の痛みを減らしてあげるしかありません。正直、このケースはかなり厄介なのですが、男性器を短くすることは出来ませんので、男性に工夫してもらうしかありません。いずれの解決策も男性に伝える作業が必要になります。

 

彼氏に「あなたのSEXは痛くて不愉快」と伝えるのはハードルが高いですね。しかし、このまま不満を抱え続けるよりは、どこで正直に告白しなくてはなりません。勇気を出して、言い方を工夫して、彼に伝えましょう。


関連記事