膣ナラを防ぐ方法

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

膣の空気音(膣ナラ)の対策




携帯電話をかける女性膣ナラは誰でも出ます。もちろん、臭くもないし、オナラではありません。単純に入った空気が抜けているだけです。風船の空気が抜けているようなイメージです。つまり、単なる物理現象です。

 

特に出産を経験したからとか、女性器がゆるいとか、女性側の原因ではなく、出産しても出ない人もいますし、出る人もいます。たいていは男性とのピストン運動の仕方に原因があります。

 

 

膣に空気が入りやすい動き方をしていると、どうしても膣に空気が入り、ブーっとおならのような音がしてしまします。なぜか、前の彼の時にはよく膣ナラが出て恥ずかしかっけど、今の彼の場合には出ない、ということもあります。このことから分かるように、男性とのピストン運動の関係で出ない場合も出る場合もあります。

 

膣ナラを防ぐには、無理な体勢での挿入をやめることです。常位でのピストン運動をスローにすれば膣ナラはほとんどでません。また、膣ナラが出ると恥ずかしいですが、「恥ずかしがってごめんね」の一言で良いでしょう。男性は女性が気にしてるほど気にしていません。むしろ、恥ずかしがる女性を見るのが可愛い、楽しい、嬉しい、という快感につながるのです。男性は恥ずかしがっている女性の表情が大好きなのです。


関連記事