コンドームを付ける方法

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

正しいコンドームの付け方




箱を持った女性教科書的には、勃起し始めたらおちんちんに付けるのが安全です。おちんちんから出てくる少量の愛液にも精子が含まれている可能性があるからです。ただ、実際は、初めからスキンを付けるということはに稀ですね。

挿入前になってやっと付けるということの方が多いと思います。というのも、初めからスキンを付けっぱなしでは、男性が嫌がることが多いのです。例えば、ずっと勃起しているとも限らないのです。男性が必死に女性の愛撫をしている間、男性によっては少し萎えてる人もいます。また、女性が男性の陰茎をフェラをし挿入するパターンでは、挿入時にコンドームをつけることになります。したがって、現実的には、コンドームを装着するタイミングは挿入直前になります。問題はコンドームの付け方です。

 

 

(1) コンドームを傷つけないように袋から出す

 

袋を開ける際に、コンドームを片方の端に寄せ、反対側の端を指で破ります。ちなみに袋を開けた切れ端の部分は、完全に袋から切り離して下さい。コンドームを出すときに傷めることがあるからです。

 

 

(2) 表と裏を確認する

 

コンドームには表と裏があります。表裏を確認してから表面を上にして亀頭の上に置きます。その際に、コンドーム先端の精液だまり部分を軽くおさえて空気を抜きます。空気が入ったまま装着すると、使用中に破れる危険性があるからです。清潔な手で行い、爪などで傷つけないように注意しましょう。

 

 

(3) しっかり皮を下げること

 

勃起したペニスの皮を根元まで引っ張ります。男性が仮性包茎の場合は、このプロセスは必須です。男性は亀頭で性的快感を得るので、女性がコンドームを装着する場合は快感の視点からも皮を根本まで引き下げましょう。

 

 

(4) コンドームを途中までゆっくりおろす

 

毛を巻き込むと痛いので、注意して下します。コンドームをゆっくり両手でペニスの途中まで下します。ここまで完了してから挿入します。

 

 

(5)終わってからも注意

 

射精をしたらコンドームの根元を押さえながら、精液が漏れないように膣、肛門からペニスをゆっくり抜いて下さい。くれぐれも根本を押さえながら抜いて下さい。押さえずに抜くと、膣の圧力によって、ペニスだけが抜けてしまい、すべてが台無しになります。

 

 


関連記事