ピルで避妊する方法

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

ピルの避妊効果と副作用




簡単に言えば、ピルは女性を妊娠している状態と同じ状態にします。そのため、二重には妊娠しない、というのがピルの仕組みです。そのため、もちろん毎月の生理も来ません。ただし、人によっては生理のような少量の出血があることもあります。

 

ただし、本当に妊娠して体内で胎児が育っているわけでは無いので、まれに妊娠してしまうことがあり得ます。これらの可能性のことは、ピルを処方する医師にも強調されることです。

 

 

副作用としては、妊娠時と同じようにむかつき感、吐き気、眠気、疲労感、食欲の過多など個人差があります。使用しない方が良いように思えますが、確実に避妊ができる方法なのは事実です。こういった副作用を我慢してでも、妊娠はしたくない、けれどセックスをしたい、という方には向いています。

 

ピルを飲んでさらにスキンを付けてセックスをすればまた、より避妊率が高まりますが、せっかくピルを飲んでいるのだし、生でしたい、中出しさせてあげたい、という方もいるでしょう。ピルは高い避妊率ですが、女性の体に副作用として負担はあります。避妊に関してどういった選択をするのが良いのか、一度は彼としっかり話し合って二人で決めるのが良いと思います。その方が彼との信頼感も深まるでしょう。


関連記事