緊急避妊ピル

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

モーニングアフターピルとは




モーニングアフターピルとは「緊急避妊ピル」で事後ピルとも言われ、通常の低用量のピルではなく中用量のピルのことです。継続して服用するものではなく、避妊に失敗した後に飲むピルのことです。例えば、スキンが破けてしまった、不幸にも強姦被害にあった場合、不測の事態に緊急で使うものです。

 

失敗したセックスの後72時間以内(3日以内)に1錠を服用して、その服用から12時間後にもう1錠服用します。

 

 

これはホルモン剤で子宮への着床を防ぐ薬で、副作用としては吐き気、嘔吐、頭痛などがあります。これはあくまでも緊急の避妊方法なので体に負担がかかることは間違いありません。ただし、中絶手術(子宮内容除去術)に比べれば全身麻酔のリスク、身体的リスク、精神的な負担、経済的な負担は俄然少ないです。

 

そのため、避妊に失敗したという時はまずは、この方法を試してみることは無駄ではありません。子宮内容除去術を一度でも受けたことがある方は、二度と望まない妊娠はしたくないと、心から思うはずです。低用量ピルと同様に保険は使えませんが、モーニングアフターピルは一回10500円位なのでやってみる価値もあるし、緊急時に備えてこの情報を頭に入れておくことはとても重要です。


関連記事