Gスポットを開発する方法

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

オナニーでGスポットを開発




Gスポットはすぐ見つかる人とそうでない人に分かれます。
だいたい、人差し指を挿入したとき、第二関節の辺りに存在し、ザラザラしています。見つけてしまえばこちらのもので、なんとも言えない快感で何回もイクことが出来る性感帯です。

 

まずはも全身をたっぷり愛撫して、クリトリスも刺激しながら膣の入口を圧迫します。何かを挿入したくなってきたら、その時が一番Gスポットを見つけやすい時です。何かを入れたくなるまで、挿入はやめて置くのが無難です。

 

 

入れたくなる前に挿入しても全身が感じていないうちは見つけにくいのです。プクっとクルミ程度の大きさで多少ざらざらした感じで、指で探せば分かると思います。そこを触るのは撫でるような感じと軽い圧迫で触ります。ピストン運動ではなく押す、圧迫法が一番感じます。男性は意外と圧迫よりもすぐに指ピストンを始めてしまうので、Gスポットのメリットを活かせていないものです。もったいないですね。

 

男性にもそこは優しく押してみて、とお願いしてみましょう。その方が格段とイク回数もふえ、あまりに気持ちが良いのでおしっこを漏らすこともあるかもしれません。Gスポットは開発までにちょっと研究しなければいけないし、時間も少しかかるかもしれませんが、諦めず、挑戦してみて下さい。


関連記事