官能小説でオナニー

  当サイトには性的な表現があります。18歳未満の方はこちらから退場して下さい。

官能小説でドキドキのオナニー




AVやレディースコミックと違って完全に文字だけの世界になりますが、意外にムラムラさせられるのが官能小説です。

 

活字だけであるがゆえに、妄想が膨らませられるからなので、自分の都合のいいように妄想出来ます。そのために、下手に映像化されているAVや画像化されているレディースコミックよりも、もっともっと妄想が膨らみます。ムラムラくる文章だけでも濡れ濡れになる可能性があります。

 

 

演出としては、読んでいてもうオナニーしたくてたまらないくらい、おまんこが興奮しているのだけど、あえてじらしてみるとか、文章化されている女性側のセリフを自ら言ってみます。おまんこははずして太ももの付け根やお尻やおっぱいをいやらしく撫でまわしながら読んでみたりする、そしてもおう我慢できない、というところでオナニーに入る。あるいは、オナニー前に読んで、興奮を整えるのもよいでしょう。

 

頭に焼き付いている興奮するシーンを妄想しながら、膣オナニーの練習をしたり、Gスポットを探すオナニーをしたりします。女性もやはりオナニーのおかずはあった方がいいです。その方がオナニーの質が高まります。おかずは人それぞれ好みがありますが、意外にこの官能小説は使えます。「これからこのいやらしい小説を読むんだわ」と小説を手に取ったところからもうオナニーが始まっているのです。


関連記事